進路と就職先

コミュニティデザイン学科でのカリキュラムは、地域における「チカラとチカラをつなぐ」「地域を支える」など、地域(コミュニティ)をどのように設計・構想(デザイン)するかについての専門的な知識と経験が学べます。これを生かした卒業後の進路としては、以下のような職種が想定されます。

履修モデル1地域公共リーダー

~行政職公務員などとなり地域官民協働のリーダーを目指す~

興味・関心として…

官民協働のリーダーとなり住み続けたい地域を創る

  • 公務員となり地域に貢献したい
  • 地域のリーダーとして社会の仕組みづくりを行いたい

こんな知識・技法が得られます…

新たなまちづくりに向けて制度を設計し政策を提案するために必要な、

  • 社会の制度に関わる、法律、経済、行政、政治に関する知識
  • 地域と協働し、政策を立案して遂行する能力
  • 社会福祉、都市計画、農村活性化や観光などの知識 等

関連する主な科目は…

社会システム領域科目

公共政策入門、経済学概論、行政学、公共経済学、政治学概論、ミクロ経済学、法学概論、憲法、民法、経済政策論、地方自治論、政策過程論、行政法、公共マネジメント、スポーツ・余暇政策、都市計画法、プロジェクト評価論、財政学、環境・資源経済学

カリキュラム表

カリキュラム表(PDF)

こんなフィールドでの活躍が期待できます…

  • 行政職の国家公務員、行政職の地方公務員
  • 特別職国家公務員(国会職員、裁判所職員、国税専門官など)
  • 金融・保険業
  • 公益企業 等

履修モデル2地域資源リーダー

~地域の自然・文化・人間資源を活用したまちづくりを推進する地域のリーダーを目指す~

興味・関心として…

地域の資源を生かしてまちづくりを推進し住み続けたい地域を創る

  • 地域資源を保全しつつ地域の課題を解決し、住みやすいまちづくりをしたい
  • 地域資源の状況を整理・分析し、有効な活用方法を生み出したい
  • 地域資源の新たな魅力を見出し、地域振興商品を開発し起業したい

こんな知識・技法が得られます…

活力ある地域づくりを展開するために必要な、

  • 地域資源を分析する知識と技術
  • 環境保全に関する知識と技術
  • 地域の歴史・文化に関する知識
  • 商品開発に関する知識と技術
  • 起業する上で必要な知識 等

関連する主な科目は…

地域資源領域科目

地域資源論、地域食育論、農村マネジメント、観光概論、文化マネジメント、地域生態学、農村起業論、食文化論、観光地理学、食資源活用実習、観光学実習、地域史、生物多様性論、景観解析、文化マネジメント演習

カリキュラム表

カリキュラム表(PDF)

こんなフィールドでの活躍が期待できます…

  • 観光・旅行業
  • 食品開発加工業
  • JA
  • 農産物生産加工後継者
  • コンサルタント業
  • シンクタンク
  • ベンチャー企業 等

履修モデル3地域協働リーダー

~コミュ二ティ施設・福祉施設等のコーディネーターとなり地域のリーダーを目指す~

興味・関心として…

生活・地域福祉領域で市民の主体性・協働性をマネジメントし住み続けたい地域を創る

  • 地域の実状を整理・分析して、地域づくりに生かしたい
  • 高齢化が進む地域の健康づくりや、活力を生み出したい
  • 地域づくりのコーディネーターとなって地域の課題解決に取り組みたい

こんな知識・技法が得られます…

住み続けたい地域づくりを進めるために必要な、

  • 社会構造を分析する知識と技術
  • 非営利組織運営に関する知識
  • 地域福祉・社会教育の知識
  • 協働をコーディネートする技術 等

関連する主な科目は…

地域実践領域科目

高齢社会学、生涯学習社会論、地域社会学、地域実践心理学、生涯学習概論、社会学概論、社会福祉学概論、地域福祉論、社会教育計画I、社会教育計画II、NPO論、倫理学概論、会話分析入門、多文化理解論、福祉社会学、現代日本社会論、ストレスマネジメント

カリキュラム表

カリキュラム表(PDF)

こんなフィールドでの活躍が期待できます…

  • 社会福祉関連法人
  • コミュニティ施設・社会教育施設
  • 公務員
  • 非営利組織
  • 地域貢献型企業
  • データ調査会社
  • その他(大学院など)