沿革

1977年(昭和52年)
文部省に建築工学科を概算要求。機械工学科(B)として学生募集開始
1978年(昭和53年)
建築工学科を創設
1979年(昭和54年)
建築工学科校舎・実験棟竣工
1982年(昭和57年)
工学研究科建築工学専攻を設置
1988年(昭和63年)
学部改組により、「土木工学科」と「建築工学科」を併せ「建設学科」を設置。大講座制で「建築学講座」、学生は「建築学コース」。
1992年(平成4年)
博士前期課程改組により、「建築工学専攻」を「建設学専攻」に名称変更。博士後期課程を設置。
1997年(平成9年)
「エネルギー環境工学専攻」を設置し,一部の教員が異動兼担
2003年(平成15年)
「情報システム科学専攻」を設置し,一部の教員が異動兼担
2007年(平成19年)
JABEE認定技術者プログラムとして認定
2008年(平成20年)
博士課程改組により、「建設学専攻」が「地球環境デザイン学専攻(建築環境デザイン学コース)」に名称変更、「エネルギー環境工学専攻」「情報システム科学専攻」を併せ「学祭先端システム学専攻」を設置。博士後期課程を「システム創成工学専攻」に名称変更
2011年(平成23年)
JABEE認定技術者プログラム継続申請取り止め
2013年(平成25年)
校舎を耐震改修
2016年(平成28年)
地域デザイン科学部設立。建築都市デザイン学科へ移行