受賞

このページでは、建築学コースの教職員および学生の受賞に関する最新情報を紹介します。過去の実績は、クリックした先のページでご覧いただけます。

教員受賞 2018年(平成30年)

藤本郷史 准教授

「建築材料の表面に滞留・流下する液状水の計測と分析に関する研究」

2018年日本建築仕上学会 学会賞 論文奨励賞(5月)

郡 公子 教授,他2名

「地球環境負荷削減のための建築設計ソリューションの開発」

平成30年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞 開発部門(4月)

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/30/04/1403097.htm

中野達也 准教授

「ビルトH梁端接合部の塑性変形能力と破壊性状(先組みビルトH梁を用いた鋼構造梁端接合部の力学性能 その1)」

2018年日本建築学会奨励賞(4月)

https://www.aij.or.jp/2018/2018prize.html

学生受賞 2018年(平成30年)

塩谷正樹(環境/ 研究当時)

2018年日本建築学会奨励賞(4月)

「天井放射パネルユニット熱性能と室内環境の汎用的な計算法に関する検討 スリットを有する天井放射パネルユニットの熱性能に関する研究(第2報)」

https://www.aij.or.jp/2018/2018prize.html

水野裕介(計画)

2017年度日本建築学会大会(中国)学術講演会 若手優秀発表賞 都市計画部門(1月)

「“塀のない大学キャンパス”における開放領域の構成に関する研究」

江連寛二(計画)

2017年度日本建築学会大会(中国)学術講演会 若手優秀発表賞 都市計画部門(1月)

「多目的コモンスペースを中心とする室配列からみたキャンパス建築の公開性に関する研究」

島村 亮(計画)

2017年度日本建築学会大会(中国)学術講演会 若手優秀発表賞 都市計画部門(1月)

「都市の拠点形成に関する定量的研究 不動産登記情報からみた宇都宮市における都市の形成過程」

溝口真史(材料)

2017年度日本建築学会大会(中国)学術講演会 若手優秀発表賞 材料施工部門(1月)

「各種の水セメント比及び加熱養生条件に対応したプレキャストコンクリートの強度発現曲線」

直井聡人(材料)

2017年度日本建築学会大会(中国)学術講演会 若手優秀発表賞 材料施工部門(1月)

「実建築部材に適用できる接触角計測分析手法の開発」

北上翔(環境)

2017年度日本建築学会大会(中国)学術講演会 若手優秀発表賞 環境工学部門(1月)

「栃木県における木材活用による環境効果に関する研究」

教員受賞 2017年(平成29年)

糸井川高穂 助教

「思わず消しちゃう照明スイッチ」

COOL CHOICE LEADERS AWARD コロンブスの卵賞(爆笑問題田中賞)(12月)

https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/award/index.html

杉山 央 教授

「各種コンクリートの発熱・硬化性状の解明と調合設計・強度管理への応用に関する研究」

日本建築学会賞(論文)(4月)

郡 公子 教授

「多角的評価のための建築熱シミュレーションエンジンの開発」

日本建築学会賞(技術)(4月)

学生受賞(研究・学業) 2017年(平成29年)

松山大介(環境)

2017年度 空気調和・衛生工学会大会 優秀講演奨励賞(10月)

「ファサードの高性能化手法の評価 (第2報)気象の地域特性を考慮した窓の適性評価」

松山大介、青木彩華、佐藤大地(宇都宮大学 グリーンズ)

大学生によるまちづくり提案 第2位(12月)

「みどりの宮マップ ~環境視点のまちづくり~」

http://www.city.utsunomiya.tochigi.jp/shisei/machi/kenkyu/renkei/index.html

高橋広野(計画)

第4回マロニエ学生BIM設計コンペティション

栃木建設技術センター理事長賞(11月)

http://www.tochigictc.or.jp/bim/

牧野有沙

第11回公益社団法人日本建築家協会関東甲信越支部北関東甲信越地域会学生課題設計コンクール

銅賞(3月)

「Diagonal 〜斜線が生み出す集合住宅〜」

松山大介(環境)

日本建築家協会関東甲信越支部

JIA栃木クラブ賞GrandPrix(3月)

「手の住処 てのすみか」

二瓶賢人(計画)

2016年度 日本建築学会大会(九州)学術講演会 若手優秀発表賞 建築歴史・意匠部門(1月)

「芦沼地区における大谷石建物の外形と町並みの構成 栃木県宇都宮市を中心とする大谷石建造物に関する研究7」

橋本真実(環境)

2016年度日本建築学会大会(九州)学術講演会 若手優秀発表賞 環境工学部門(1月)

「薪ボイラーによる床暖房システムを用いた古民家の熱環境実測研究  第1報 室内熱環境及び薪ボイラー温度の実測結果」

月守大二郎(環境)

2016年度日本建築学会大会(九州)学術講演会 若手優秀発表賞 環境工学部門(1月)

「エアコンの気流制御による温冷感及び知的生産性への効果の検証 その2 結果と考察」

須崎岳導(環境)

2016年度日本建築学会大会(九州)学術講演会 若手優秀発表賞 環境工学部門(1月)

「高性能窓システムをもつ建築の熱負荷解析  第12報 熱負荷曲線による高性能窓システムの評価」

下ノ薗 慧(環境)

2016年度日本建築学会大会(九州)学術講演会 若手優秀発表賞 環境工学部門(1月)

「シミュレーションツールBESTによるオフィスの熱負荷・熱環境解析  第26報 建物の開口配置と自然換気効果に関する風量収支解析」

教員受賞 2016年(平成28年)

安森亮雄 准教授,梶原良成教授(教育学部)他6名

「地域産業とデザイン〜宮の注染を拓く〜」

2016年度グッドデザイン賞(11月)

https://www.g-mark.org/award/describe/44548#c

郡 公子 教授

「建築物総合エネルギーシミュレーションツール「BEST」の開発」

空気調和・衛生工学会賞技術賞(5月)

郡 公子 教授

「熱負荷計算における非空調空間の仮定法に関する研究」

空気調和・衛生工学会賞論文賞(5月)

学生受賞(研究・学業) 2016年(平成28年)

野崎 海・須崎岳導(環境)

大学コンソーシアムとちぎ 第13回学生&企業研究発表会 藤井産業賞(緑をつないでいくこれからも賞)(11月)

「建物LCCを下げる栃木に最適なガラスファザード設計の提案」

小林宏輝(構造)

2016年度 第86回 日本鋼構造協会 鋼構造シンポジウム2016 アカデミーセッション 優秀発表賞(11月)

「十字形断面を有するブレース接合部の構面外回転剛性評価法」

倉成真也(構造)

2015年度 第86回 日本建築学会関東支部研究発表会 若手優秀研究報告賞(3月)

「スカラップ底の詳細を変化させた載荷実験(先組みビルトH梁を用いた梁端接合部の破壊性状 その2)」

伊藤 駿(構造)

2015年度 第86回 日本建築学会関東支部研究発表会 優秀研究報告集(3月)

「45度方向入力を受ける立体十字形架構に置ける各構成部材の弾塑性挙動」

小林 宏輝(構造)

2015年度 第86回 日本建築学会関東支部研究発表会 優秀研究報告集(3月)

「ブレース接合部の構面外回転剛性とブレースの有効座屈長の評価 その1評価式の構築と解析モデルの簡略化」